海外留学のためにお金を貯めたい!

食費を制約するためのお弁当生活

節約を始めるならまずは光熱費や食費から削るのが定番です。

私も食費をなるべく抑えるために、出勤する日はほとんど毎日お弁当を作って持参しています!

朝からフルタイムで働いている人のほとんどは会社か外でお昼ご飯を食べることになると思いますが、格安で利用できる社員食堂などがあれば別として、どこかでお昼を食べるとなると結構お金がかかります。

コンビニでお弁当や飲み物を買うと1食でも500円くらいはかかりますし、安めのランチを他の食堂やカフェで食べる場合は、1000円くらいかかってしまうことがありますよね。

たまの贅沢ならいいと思いますが、例えばお昼ご飯に1回500円かけているとすると、月に20日と考えればお昼ご飯だけで毎月1万円かかる計算になってしまいます。

こうやってまとまった金額にすると、お昼ご飯代がかなりかかってしまうことがよくわかります。

そこで、例えば週5回のお昼ご飯のうち、2回をお弁当にするとします。

お弁当といえばサンドウィッチ

そうすると500円のランチが12回で月6000円に抑えられ、自作お弁当にかける金額はまちまちですが、夕食の残りや家にある食材をうまく利用していけば1食500円よりも抑えられるので、週2回のお弁当にするだけで毎月3000円程度は節約できることになります。

注意したいのは、お昼ご飯代を節約したいからといってお昼をまるまる抜いてしまうことはNGということです!

体をあまり動かさない事務職や内勤の人でも、働いていれば体はエネルギーを必要としています。お昼を抜いてしまうとそのまま夕方・夜まで空腹の状態で仕事を続けなければいけないので、場合によっては栄養が足りなくて病気を引き起こしてしまうことも考えられるでしょう。

・・・実は私もダイエットを兼ねてお昼ご飯を抜くのにチャレンジしたことがあるんですが、数日やっただけでフラフラしてしまってダメでした。

我が家の体重計

どんな仕事でも体は資本!病気になってはかえってお金がかかりますから、無理しすぎない範囲で、まずはお昼ご飯代を3分の2程度に抑えることから始めるといいですよ。